SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

選手の就職支援、大阪で初の説明会

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

9/26:日本オリンピック委員会は、選手の就職支援のための説明会を大阪市内の関西経済同友会で開催したとのこと。東京以外では初めて。
 説明会には関西経済同友会の会員企業関係者約80人が出席。JOCからは就職を希望する15競技、24選手のリストが提示された。
 ロンドン五輪代表に内定している射撃の森ゆかり選手(埼玉県協会)ら5選手は直接マイクを握り、現在の練習環境や競技に専念できない現状などを説明し支援を訴えた。競泳の冨田尚弥選手(中京大)は「現在は就職活動をしながら競技を続け、ロンドン五輪での金メダル獲得を目指している。目標達成能力を生かせる仕事なら何でもやります」と懸命に自己アピールしていたとのこと。