池江璃花子から“世界のIKEE”へ。競泳日本選手権で見せた劇的成長。

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

180411ikee

2018/4/10:日本水泳選手権で4種目で6回日本記録を更新した池江璃花子選手の紹介記事「池江璃花子から“世界のIKEE”へ。競泳日本選手権で見せた劇的成長。」が掲載されています。

 もちろん、世界大会でのメダル獲得、表彰台獲得など、そういう短期的な目標はある。だが、それよりも池江にとっては、記録こそが自分が競技を行う上で、最も重要な土台になっているのである。

 そのため、池江は「日本記録更新」という言葉をほとんど使わない。日本記録かどうかにかかわらず、自身の記録の更新、つまり「自己ベスト」こそが目標のすべてなのだ。