池江璃花子選手:静岡招待スプリントで2冠。ショーストロムと合同練習へ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/10/8:静岡招待スプリント選手権(10/7)に池江璃花子選手が出場し、50m自由形を25.63、50mバタフライを26.21の大会新で制した。また、10/15から2週間、トルコで100mバタフライの世界記録保持者サラ・ショーストロム選手(スウェーデン)と合同練習を行うことを明らかにした。

池江璃花子選手は英会話が苦手というが「今は不安が半分、楽しみな気持ちが半分ですが、終わって楽しかったと言えるような合宿にしたいです」と。
池江選手の指導している三木二郎コーチが、イギリスに留学中、ショーストロム選手のコーチから指導を受けたことがあり、その縁で合同練習の話が持ち上がったとか。

「出発までに持久力を高める練習をして、後れを取らないよう戻していかないと…。でも、ワクワクした気持ちがあります」と。