池江璃花子選手が、高地合宿から帰国

      2018/12/26

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/12/24:池江璃花子(ルネサンス)が2、米アリゾナ州フラッグスタッフでの約3週間の高地合宿を終えて成田空港に帰国したとのこと。

「きつかった分、自信がついた。質の高い練習ができた」と。2019年の目標は光州世界水泳選手権2019(韓国・光州:公式|2019/7/12〜28|競泳7/21〜7/28)の女子100mバタフライででのメダル獲得としている。「20年(の東京五輪)につなげたい。いい色のメダルを取りたい」と。

「本当に55秒台が出るという練習を積めた」「日本選手権では55秒台を出しておきたい」「(2018年は)ここはたぶんスタート段階。このいい経験を来年以降につなげたい。19年は世界選手権(7月・光州=韓国)があるので、100メートルバタフライでメダルを取って20年(東京五輪)につなげ、いい色のメダルを取りたい」と。