【2019年度日本水泳選手権兼光州世界水泳選手権日本代表選考会(Japan swim2019)】東京辰巳国際水泳場・2019/4/2〜8|公式HP特集チケット情報|テレビ放送予定|競技日程・スケジュール派遣標準記録第1日目(4/2)第2日目(4/3)第3日目(4/4)第4日目(4/5)第5日目(4/6)第6日目(4/7)第7日目(4/8)

萩野公介選手、2019年初レース。大橋悠依選手は100m・200m平泳ぎで自己新

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/1/20:萩野公介選手(24=ブリヂストン)、大橋悠依選手(イトマン東進)が、、新年初レースとなる東京都北部ブロック公認記録会(短水路)に出場したとのこと。

萩野公介選手は男子100m自由形で49.03、男子100m背泳ぎで51.97、男子100mバタフライは51.63だった。。「練習の一環としての試合。試合の雰囲気の中で、いい刺激を入れるイメージ。そういった意味ではよかった」と。

2019年の目標については「世界選手権がある。4月の日本選手権を突破して、まだ世界選手権で1番になったことがないので、しっかり勝ちたい」「1番の目標は練習をちゃんとすること、試合にちゃんと出ること。それが2020年につながる一番の近道」と。

大橋悠依選手(イトマン東進)は、100m平泳ぎで01:07.58、200m平泳ぎ2:22.99のいずれも自己ベストをマークしたとのこと。「キックがぐっと掛かる感覚を得られた」と。