【2019年度日本水泳選手権兼光州世界水泳選手権日本代表選考会(Japan swim2019)】東京辰巳国際水泳場・2019/4/2〜8|公式HP特集チケット情報|テレビ放送予定|競技日程・スケジュール派遣標準記録第1日目(4/2)第2日目(4/3)第3日目(4/4)第4日目(4/5)第5日目(4/6)第6日目(4/7)第7日目(4/8)

萩野公介選手、大橋悠依選手らグアム合宿に出発

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/2/4:萩野公介選手(ブリヂストン)、大橋悠依選手らが、約1週間のグアム合宿へ出発したとのこと。

萩野公介選手は「この時期に泳ぎ込むことがレースに直結する。いいレースができるような準備をしっかりやりたい」と。

大橋悠依選手(イトマン東進)は「スタートとターンをしっかりもぐれるようにしたい」と。

・「萩野「フェルプス魂」、燃え尽き症候群から復活学ぶ - 水泳 : 日刊スポーツ

萩野公介選手はマイケル・フェルプス氏(米国)が12年ロンドン五輪後の「燃え尽き症候群」からリオの復活までに感銘を受けた本「人生を導く5つの目的(リック・ウォレン著)」を持参。合宿中に読むという。

 
(萩野選手は)近年はけがもあって不完全燃焼が続く。平井コーチとの話し合いの中で「次のレースに向けて心から渇望する気持ちが必要だと思った。その気持ちが出ないと、練習からレースにつながっていかない」。もやもやした現状を打破するために偉人たちに学ぶ構えだ。

・「大橋悠依 グアム合宿へ…日焼けも「楽しみ」 : スポーツ報知
大橋悠依選手の次戦は、コナミオープン(2/16・17|千葉県国際総合水泳場)。「先週1週間も泳ぎ込みましたし、(グアムでも)泳ぎ込む週になる。継続してしっかりしてやれればいい。暑いので調子も上がりやすいと思う。まずはコナミに向けて泳ぎ込みつつ、技術、スピードをしっかり出しながら、体の動きをよくしたい」と。
平井伯昌コーチは、「大橋は意外とタフ。徐々に強くなっている。世界一を狙うならもっともっと内容の高い練習をしていかないといけない。萩野と同じことができることが目標」と。

【「人生を導く5つの目的」の内容】

本書は「RICK WARREN,THE PURPOSE DRIVEN LIFE -WHAT ON EARTH AM I HERE FOR?- (Zondervan)」の翻訳です。アメリカでは発売後1年で1000万部を越え、その後も記録的な売れ行きを続けているベストセラーです。現在では3000万部を突破し、ニューヨーク・タイムズ紙の統計では74週連続第1位を記録しています。内容は、永遠のベストセラーと言われる「聖書」を土台とした人生論であり、人類にとって普遍的なテーマである「人生の目的」が、聖書に基づいた平易なことばで語られています。本書は、全体が40の章に分かれており、1日1章ずつ
読んでいくようになっています。著者が「本書は『40日の心の旅』へのガイドです」と語っているように、自分の目的探しの旅に出るような感覚でゆっくりと読み進めていただくとよいと思います。価値観の多様化する現代において、聖書の教える「生きる目的」がどのような意味を持ち、またどのような希望を与えてくれるのか。人生の負の部分にこそ深い意味と目的が隠されていると語る本書には、著者のあたたかい人柄がにじみ出ています。一度限りの〓人生を有意義なものにしたいと願うすべての人に読んでいただきたい1冊です。