池江璃花子選手、白血病であることを公表

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/2/12:池江璃花子選手が自信のtwitterで、白血病を患っていることを公表した。

池江璃花子選手は1/18から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。2/8にオーストラリア合宿を体調不良のため切り上げて帰国していた。

・「【池江病状会見速報】(1)日本水連が白血病公表「東京五輪は医師と相談の上決定」 - 産経ニュース

・ルネサンスの吉田正昭社長は「医師からは早期発見ができたと聞いている。2020年東京五輪については、医師と相談の上、決定していく」

・コナミオープンと日本選手権は欠場するという。

・「【池江病状会見速報】(2)「白血病に必ず勝つという気持ちを見せている」 - 産経ニュース
2020年東京五輪でメダル獲得の期待がかかる競泳女子のエース、池江璃花子(18)が12日、自身のツイッターを更新し、白血病と診断されたことを公表したことを受けて同日、東京都渋谷区の岸記念会館で、日本水泳連盟の青木剛会長、所属事務所のルネサンスの三木二郎コーチらの会見が開かれている。

 
 --詳細な診断名は?

 「白血病としか言えない」

 
 --直近の池江選手の様子は?

 三木コーチ「現地の練習の日程は日本でも変わらない週9回練習、ウェイトは週2回。その中で2週目の後半んぐらいからしんどいような姿を見せて肩で呼吸するような動作があった。少し休ませて、2月4日に現地の病院にいった」

 --先ほど話していた、池江選手の病気に立ち向かう姿勢とはどんな姿か?

 三木コーチ「くよくよせず直してまた元気な姿で結果を出したいというのが全面に出ていたので、みんなでサポートしたい思い」

・「【池江病状会見速報】(3)「彼女が水泳をしていたことで異変を感じた」(1/2ページ) - 産経ニュース

 
 --日本での再検査の結果が出た直後の表情やリアクションは?

 上野広治副会長「日本では血液検査に始まり、金曜日の朝、羽田に到着し、その日のうちに判断できたので、本人やご父兄にお話しした。病名は衝撃的だったと思う。それから3日たったが、きのうもきょうも全く本人は大きく変化していると感じず、普段通り接してくれた。我々大人が頭が下がる状況を感じた」

 
 --本人の混乱度合いは感じたか?

 上野副会長「私個人もそうだし、本人も、まさか池江がこのような病名を言われると考えていなかった。思いもよらない診断名だった。本人もショックだったと思う。日本選手権や来年の五輪まで頭が回らなかったが、1時間もしないうちに前向きな言葉が出てきた。発表も彼女の前向きな姿勢と判断いただければ」

 
--池江本人が発表したいと言ったときのやりとりは?

 上野「まずは近々にコナミオープンがある。昨年の豪州合宿が大きく成長させた合宿だった。切り上げないといけないことになり三木コーチは迷ったと思うが、いち早くという判断は間違ってなかったと思う。日本選手権は断念しないといけない。彼女をサポートするスタッフ、ファン、スポンサーのみなさま、今年は五輪前年で他の選手への影響もあり、リレーを、7種目取らないといけない。包み隠さず発表しないといけないと思ったと思う」

 
 --早期発見と言われたとのことだが、もう少し詳しく?

 上野「聞いている状況では、通常の生活で発見できる状況ではなかったと推測する。彼女が水泳をしていたことで異変を感じた。そして血液検査に至り、疑いをかけた。通常の生活では発見できなかったと思う。トレーニングしている状況で、普段と違う、思うような記録が出ないところからこういう経緯がある」

・「【池江病状会見速報】(4)「本人が早く治して一緒に練習したいと」三木コーチ、言葉詰まらせ - 産経ニュース

 
 --日本水泳連盟としてはどのようなサポートを行うのか? 2020年の東京五輪の選考は日本選手権で記録を突破した選手にするのか、これだけ記録を出されている選手なので、特例などは考えているか?

 日本水連の上野副会長「今の病気として水泳連盟ができることは温かく見守ること。治療を見る先生にお任せして、彼女がやはり、早くプールに戻りたいというような状況、三木コーチが輝いているような状況をモチベーションを保てるかどうか。水泳連盟としても周りの選手が動揺することなく、池江も早く治してそこに加わりたいと思うような、ほかの選手が池江に対してメッセージを送るような状況が望ましい。池江抜きのリレーは非常に厳しい。世界選手権で7種目リレーは12位以内に入らないと厳しい。まずは出場権を獲得するというのが今年の水泳連盟の第一目標。他の選手に奮闘してもらいたいということを水泳連盟としては檄を飛ばしていきたい。池江も特別の猶予があるとは思っていない。来年の日本選手権のスタートに立てるかどうか。そのぐらいの覚悟で病気と闘っていると私は推察している」

 
 --本人が病気に立ち向かうというのを具体的にはどのような点から感じたか?

 三木コーチ「本人とは2月10日、病名が分かって話をしたが、お互い言葉が出なかったんですけど、本当に頭の中真っ白だと思うが、本人が『早く治して(三木)二郎さんと一緒に練習したい』という気持ちがありましたので、それについて今なにができるかということをしっかり考えていきたい」

・「【池江病状会見速報】(5完)「東京五輪には誰よりも出たいはず」 - 産経ニュース

 
--ルネサンスとしての対応は?

 吉田正昭社長「従来と何ら変わりなく支援していく。池江選手が頑張れる環境、何より治療して完治することを目標にしている。時期はわからず、その先についても、彼女は復活してくれると思うが、それを考える必要はないと思う。われわれはその先も含め、池江璃花子をサポートしていく

 
 --入院は何日か?

 上野副会長「8日金曜日。朝、羽田空港に帰国し、そのまま入院した」

 
 質疑応答が終わり、日本水連の青木剛会長がマイクを持った。

 「世界の頂点に向けて力強く上昇しているさなかに池江選手が病に見舞われて、心中察するに余りあるが、前向きに取り組むということなので、一日も早い回復を願いたい。ファンのみなさま、このような状況をご理解いただき、病気克服に取り組む池江選手を温かく見守っていただきたい」

・「【競泳】池江璃花子、自身のSNSで白血病と診断を受けたことを公表。日本選手権は欠場の模様 - ベースボール・マガジン社WEB
・「【競泳】池江璃花子の白血病公表に関する記者会見概要「ここ数年、(池江に)勇気づけられてきた選手たちが(頑張ることで)池江にメッセージを送る状況を」 - ベースボール・マガジン社WEB
・「日本水連へ電話相次ぐ、池江へ励ましの声 独自治療法やオススメ漢方薬も/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「萩野、池江の白血病に衝撃「いい泳ぎして彼女にいいニュースを」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「平井伯昌コーチ、池江の白血病告白に絶句「声も出なかった。信じられない」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「今井月「璃花子は本当に強い人」同級生の親友にエール/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「北島康介氏、池江が「治療に専念できる環境を」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「白血病患者支援団体「今は治癒率は高い」池江に励ましの声/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「池江に「笑顔一日も早く見せて」 スポーツアンバサダー務める郡上市長が激励/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「池江の白血病に競泳界衝撃…瀬戸大也はショックで「コメントできない」と関係者 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
・「平井ヘッドコーチ、リレー要の池江不在は「大打撃」 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「白血病患者の多くが回復、専門医「治療法は進化」 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「池江の日大進学は変わらず、所属先の社長が明言  - 水泳 : 日刊スポーツ
・「JOC竹田会長「持ち前の精神力で」池江の回復願う - 水泳 : 日刊スポーツ
・「「急性型と慢性型」発熱や息切れも 白血病のQ&A - 水泳 : 日刊スポーツ
・「池江璃花子が白血病を公表 白血病とは - 水泳 : 日刊スポーツ
・「大橋悠依「頑張って璃花子にも勇気を与えられたら」 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「池江、昨年末に漏らしていた「疲れが抜けにくく」 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「萩野 池江の東京五輪に言及「諦めていないと思う」 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「小関也朱篤「本当ですか…」池江の白血病公表に絶句 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「北島康介氏「治療に専念できる環境を」池江にエール - 水泳 : 日刊スポーツ
・「池江璃花子が出演のCM「ENEOS」は放送継続 - 水泳 : 日刊スポーツ
・「池江、年内にも復帰しなければ東京五輪出場は困難 - 水泳 : 日刊スポーツ