新ヒロイン候補 大本里佳が5年間、待ち焦がれた日の丸「世界のトップと戦いたい」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/6/23:光州世界水泳選手権2019(韓国・光州:公式チケットの購入|2019/7/12〜28|競泳7/21〜7/28)日本代表、大本里佳選手の紹介記事「新ヒロイン候補 大本里佳が5年間、待ち焦がれた日の丸「世界のトップと戦いたい」」が掲載されています。

 
「初めの200メートル個人メドレーで代表を決められたのは良かった。ただ、その後の種目は自己ベストを更新することができずに終わり、悔いが残る大会にはなってしまった。それでも一番にメインとしていた種目で代表を決めることできたので、悔しさ半分、嬉しさ半分という感じです」

「私も200メートル個人メドレーで世界のトップの方々と戦いたいという思いはある。シンデレラガールになりたいという気持ちはないけど、自分が納得いく結果が出せればいいと思います」