ロンドン五輪競泳女子100メートル平泳ぎ代表・松島美菜さん、東京五輪でボランティア「すごい経験」

      2019/11/19

[`evernote` not found]
LINEで送る


2019/11/16:20年東京五輪・パラリンピックのフィールドキャスト(会場など大会内部をサポートするボランティア)として参加する2012年ロンドン五輪競泳代表の松島美菜さん(28)のインタビュー記事が掲載されています。

  • 「出た側としても支える側としても参加するなんて、誰にでもできるわけではない。すごい経験ですよね」
  • 昨秋に応募し当選。「きっかけは、先輩の(08年北京五輪100メートル背泳ぎ8位入賞の)伊藤華英さんに勧められたこと。東京招致が決まったときから、何かしらの形で関わりたいと思っていました」
  • 2016年に現役を引退し、翌年から薬剤師として都内の薬局に勤めている。
  • 現在は最新の知識を有する薬剤師の「スポーツファーマシスト」になることが目標だ。
  • 「ロンドンでは、どこにでもボランティアがいました。こういった方々が裏の仕事をしていただいているから競技に集中できるんだなぁ、としみじみ思いましたね」
  • 2015年に韓国・光州で行われたユニバーシアードでは現地ボランティアと友人になり、その後は彼らの東京観光をガイドするまで仲を深めた。