SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

レデッキー選手「延期でよかった。東京は5種目で金狙う」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/6/16:ケイティ・レデッキー選手のインタビュー記事が掲載されています。

  • 東京五輪延期には、「中止ではなく延期となったのはうれしい」「うまくいけば東京大会は最高のオリンピックになる」
  • 「人が互いに孤立してしまった時代に、世界を一つに結びつけることができる。アスリートにとっても観戦する人たちにとっても、一緒に集まることができる最初の機会が東京大会になると思う。そう考えると、深く感情を揺さぶられる」
  • ――昨夏の世界選手権は2種目を棄権し、金メダルは1つ。体調不良だったのか。 「ウイルス性の腹痛に見舞われ、調子はよくなかった。休憩を取るようにしながら、800メートルリレーと800メートル自由形の決勝を泳ぐことができた。柔軟に対応することを学び、とても満足している。」
  • ――東京大会では1500メートル自由形も新種目に採用された。リオデジャネイロ大会で優勝した3種目と合わせて個人4冠を狙うのか。「メダルの数を目標にはしていない。それぞれの種目でどれくらいのタイムを出せるか、計画をどこまで達成できるかを意識している。でも、もちろん1500メートルが実施種目に加えられたことにはとても興奮しているし、狙うのは間違いなく200、400、800、1500メートル自由形と、800メートルリレーだ。」