SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

萩野公介選手:来年の五輪に向けて心境を語る

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/6/24:萩野公介選手がオンラインで取材に応じ、来年に延期された東京オリンピックに向けて「1年延びたからこそできることが必ずある。与えられた1年を大切にしたい」と心境を語ったとのこと。

  • 萩野選手は当時の自身の状態を踏まえ「もし、ことしオリンピックがあったら僕自身は厳しかったとは思う。ただ、延期という形で来年、再びチャンスをもらえることになり、また頑張ろうという気持ちになった」
  • 「ここ数年、練習ではできていてもレースになると、いい泳ぎができない状況が続いていた。いまは試合がないからこそ、ゆっくり泳ぎについて考えたり、課題に真摯(しんし)に向き合ったりでできるとプラスに考えてやっている」
  • 来年の東京五輪について「1年延びたからこそできることが必ずある。もう1年かと思うのではなく、まだ1年あると考えて、与えられた1年を大切にしていきたい」

・「萩野「五輪延期はプラス」 競泳:時事ドットコム