SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

埼玉屋外AG大会、瀬戸大也選手、渡辺一平選手、江原騎士選手らが出場

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/9/13:埼玉屋外AG大会(川口青木町公園プール)、男子200m自由形に瀬戸大也選手が出場。1:49.43で3位。1位は江原騎士選手が1:48.96。男子200m平泳ぎでは渡辺一平選手が2:09.89(2:08.89との報道もある)で泳いだ。

  • 瀬戸大也選手(26=ANA)は200m自由形で、江原騎士、渡辺一平、坂井聖人の3人と泳いだ。
  • 前半から積極的に飛ばして150メートルをトップでターン。
  • しかし最後にスピードが鈍って1分49秒43の3位。
  • 自己ベストと2秒78差。

・「渡辺一平が8カ月ぶり本命200メートル平泳ぎ出場 - 水泳 : 日刊スポーツ

  • 渡辺選手は「最低限の目標はクリアできたかなと思う。200メートルの練習を始めてまだ2週間ぐらいです。少し200メートル(の距離)を意識しすぎて、50メートルから100メートルでスピードが落ちてしまった。状態は悪くないが、やっぱり水泳は甘くない、もっと頑張りたいなと思った」

・「渡辺一平、2分8秒89で1着 8カ月ぶり200平で「目標達成」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

・「競泳・江原、半年ぶりレースに「ワクワク感と緊張感」|au Webポータルスポーツニュース

  • 江原騎士選手は約半年ぶりのレースに「ワクワク感と緊張感があった。タイムは遅いけど、レースならではの疲労感が出てきて良かった」。
  • 「(五輪後の)8月に引退しているイメージしかなかったので、正直まだ気持ちが入らない自分もいる」
  • 「僕自身はこの状況での試合開催に賛成できるわけじゃない」
  • 「(来年4月の)代表選考会に向けて気持ちは上がっていくと思うので。感染予防をしつつ、水泳も頑張っていきたい」