SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

瀬戸大也選手:日本水泳連盟、東京五輪競泳代表チーム主将を辞任承認。日本選手権(25m)欠場、ISLは検討中

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/10/6:日本水泳連盟はオンラインで開いた常務理事会で、瀬戸大也選手が自身の女性問題を理由に東京五輪競泳日本代表キャプテンを辞退したことについて審議、「多くの水泳ファンの信頼を裏切った責任は重い」として辞退を承認することを決めた。

  • 自身の女性問題を受けて9/30、キャプテンの辞退届を日本水泳連盟に出していた。
  • 理由について日本水泳連盟は「一連の行為は水泳のトップ選手として大変遺憾であるとともに、ご家族はもとより、多くの水泳ファンや関係者の信頼を裏切った責任は大変に重い」
  • 連盟の倫理委員会が改めて瀬戸選手に事情を聴くほか、新たな事実などが確認できれば処分も検討する
  • 瀬戸選手が参加を予定していた10/17からの日本選手権(25m)の出場を取りやめた
  • 関係者によりますと、ISL(インターナショナル・スイミング・リーグ)レギュラーシーズン2020(ハンガリー・ブダペスト)出場に向けて調整が続いている

・「女性問題で揺れる瀬戸大也 日本短水路選手権を欠場 - 水泳 : 日刊スポーツ

・「女性問題の瀬戸大也 水連倫理委が来週にも事情聴取 - 水泳 : 日刊スポーツ

  • 坂元専務理事は、処分の具体例について「厳重注意」や「1~2カ月の日本代表活動停止」などを挙げた。
  • 東京五輪代表の内定については「(瀬戸の行為は)法に触れていない。そこは大きな判断基準。(同連盟の)顧問弁護士と相談したが、他の事例を調べた上で(女性問題は)代表を剥奪する理由としては希薄とのこと。(世界選手権金メダルで)瀬戸選手自身がとった権利。(同連盟が代表を)剥奪することは違うと思います」

・「瀬戸大也、日本短水路欠場 競泳日本代表主将の辞退も受理 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

・「瀬戸大也「五輪出るな論」の不可解。「スポーツに内包された価値」とは(島沢 優子) | FRaU