2011年日本水泳連盟、最優秀選手・優秀選手を表彰

   

[`evernote` not found]
LINEで送る


11/26:日本水泳連盟は、2011年度の最優秀選手、優秀選手を表彰したとのこと。
最優秀選手に輝いた入江陵介選手(イトマンSS)は「来年につながる1年になった。ロンドン五輪では、いい色のメダルを取れるように頑張る」と。

優秀選手を受賞した松田丈志選手は、フォーム改良や体重管理など、さまざまな取り組みが好結果に結び付いたシーズンを終えて「夏の銀メダルで、次は金という気持ちでトレーニングに入れている」と。

最優秀選手に選ばれた入江選手はは「いつかは取りたいと思っていた。その賞をもらえてうれしい。来年のロンドンでは一番いい色のメダルを取りたい」と

また、東京運動記者クラブ水泳分科会が選出する新人賞には、女子平泳ぎの渡部香奈子選手(14=JSS立石)が選ばれた。