SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

悩める萩野公介…「正念場」の世界水泳で復活なるか

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

産経WESTに萩野公介選手の紹介記事「悩める萩野公介…「正念場」の世界水泳で復活なるか」が掲載されています。

 「フリー(自由形)でここまで調子が悪くなるのは経験がない。『こんなにフリーって難しかったっけ?』というイメージ」。和歌山県選手権で自由形3種目に出場後、報道陣に囲まれた萩野はあきれたように苦笑いし、自身の泳ぎを振り返った。

平井氏は「(練習の滑らかな泳ぎが)試合になるとロボットみたい(に硬くなる)」とも。控室でピリピリした様子をみせるようになったといい、「体のパーツに意識が行き過ぎている。スタート台に上がったときに細かいことを気にしていたら戦闘準備はできていない」と、手術による心理面への影響を懸念する。