北島康介選手:平井コーチの下、現役を続行

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

1218426158-20062866280

 

2/4:国立スポーツ科学センターで行った公開練習に参加した北島康介選手(30・日本コカ・コーラ)は、かつて師事した日本代表の平井伯昌ヘッドコーチの指導の下、現役を続行する考えを明らかにしたとのこと。

 北島康介選手は北京五輪後、平井コーチの下を離れて米国を拠点に練習していたが、「水泳人生の締めくくりは平井先生の指導で終えたい。一年一年を最後と思ってやる」と語ったとか。

 今後は、4月の日本選手権の50m平泳ぎ出場を目指す予定。北京五輪後は約1年休養したが、今回は「(長く)休んだら水泳ができなくなる不安がある」として、年明けから平井コーチの指導を受けて練習を開始している。

 

 5年ぶりに北島を本格的に教える平井伯昌コーチ(49)は、本人から指導を頼まれたことに「うれしいですね」と表情を緩めたとか。

「以前のように北島だけが中心というわけではない。自分の水泳をやる意義は持っていると思うので、その手伝いをするぐらい」と。

 

「生活スタイルも変わり、新しい環境での挑戦。生活、水泳ともに充実した1年を過ごせるようにしたい」と。