ソープ選手、感染症で入院 復帰は絶望か

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

4/8:イアン・ソープ氏が手術後の感染症で治療を受けていることが分かったとのこと。担当マネジャーが、豪メディアに語ったところによると、競泳界への復帰は絶望視されている。

マネジャーによれば、ソープ氏はシドニー市内の病院に入院中。病状は重篤だが命の危険はないという。1月に自宅で転倒して負傷し、肩の手術を受けていた。

一部のメディアは「ソープ氏に近い情報筋」の話として、片手の機能を失う恐れがあると伝えたが、マネジャーはこの報道を否定した。