競泳男子に遅咲きホープ 日大高出身・押切雄大

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

2014ゴールドコースト・パンパシフィック選手権(豪州・ゴールドコースト|2014/8/21〜25|特集|)の日本代表に選ばれた押切雄大選手の紹介記事「競泳男子に遅咲きホープ 日大高出身・押切雄大」が掲載されています。

 大学ではいち早くストレッチを始め、居残り特訓を欠かさない。誰もが認める練習量でフォームの細部までこだわり、2年余りで200メートルは6秒、100メートルでは3秒も自己ベストを更新した。「ド根性精神じゃ負けない。やればやるだけ結果はついてくる」。今、自信がみなぎっている。