SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

(15/09/24追加情報有り)朴泰桓選手、日本で3カ月間のトレーニング実施

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

9/22:2008年北京五輪男子400m自由形金メダリストの朴泰桓(パク・テファン)選手が、12月までの三ヶ月間、日本の法政大学でトレーニングを行うとのこと。

朴泰桓は昨年9月3日、国際水泳連盟(FINA)が実施したドーピングテストで禁止薬物であるテストステロンで陽性反応が出たため選手資格が一時停止となっている。朴泰桓は懲戒決定後、韓国で練習を続けてきたが、環境に制約があるため十分なトレーニングできず日本行きを選択した。

 

聯合ニュースは「法大で水泳部と一緒に練習する」と伝えたが、法大は公式サイトで「合同練習するなどの計画はありません」とした。同大水泳部の関係者は「米国なども含め、今後の練習拠点を探す視察の一環として来たと聞いている。このまま(法大で)練習を続けるわけではない」と

・「韓国競泳の朴泰桓(パク・テファン)氏と本学に関する一部報道について|法政大学