SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

渡部香生子選手:「焦っても仕方ない」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

1/15:渡部香生子選手(20=JSS立石)が東京6大学冬季対抗戦(横浜国際プール)に参加。
昨年12月中旬の陸上トレーニングで右足首を捻挫し、全治4週間の重症を負ったためレースには出場しなかったが「逆にゼロから本気のリセットができる」と。

 実戦復帰は2月18日〜19日のコナミオープン(東京辰巳国際水泳場)を予定している。

 一時は右足首が大きく腫れ、松葉づえでの生活を余儀なくされたが、今は日常生活に支障がないほどに回復してきた。「ケガして2週間くらいは泳ぎたくて、焦りも出たが、今は焦っても仕方ないと思えている」。世界選手権金メダルのシーンなど、自分のベストの泳ぎを見直すことで、良いときと悪いときの違いを分析。水中練習の再開に備えている。