SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

コンラッズ選手のメダルが25年ぶりに戻る

   

[`evernote` not found]
LINEで送る



・「時事ドットコム:25年前に盗難の金メダルが戻る=豪競泳のコンラッズ選手



9/22:1960年のローマ五輪の男子1500m自由形で優勝したジョン・コンラッズ選手(豪州)の盗まれた金メダルが、25年を経て無事に本人の手元に戻ったとのこと。

 コンラッズ氏はこの金メダルは、1984年にメルボルンの自宅から他の15個のメダルとともに盗まれた。



ある女性が、金メダルなどをインターネットで売りに出し、これに気付いた米国の収集家がコンラッズ氏に連絡、同氏が直ちに警察に届け出たとのこと。

 売りに出した女性は、この金を含めたメダルを10年前にブリスベーンの骨董市で購入したが、偽物で価値はないと思っていたと。