SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

国立スポーツ科学センターで新スタート台導入

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

競泳で2008年秋のW杯から新しいスタート台が使われている。陸上短距離用に似た踏み切りブロックが着いている。クラウチングスタートだと、後ろ足に力が入りやすく初速が上がる。記録向上が予想されているとか。
北京五輪で使われるとの見方があったが、国際水泳連盟が「皆が習熟していない」と導入を先送りしていた。
国内でこのスタート台があるのは国立スポーツ科学センターだけ。