SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

日本水泳連盟:役員を改選

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2/18:日本水泳連盟は、評議員会で、任期満了に伴う役員改選で林利博会長(69)を再選したとのこと。
3期目で、役員の就任時70歳定年制により最後の任期となる。
林務副会長(70)は定年で勇退し、佐野和夫専務理事(66)と青木剛常務理事(60)が副会長に就任。佐野氏は専務理事を兼務するとのこと。
いずれも任期は2年。 

競泳の強化担当の委員長にシドニー、アテネ両五輪で競泳日本代表ヘッドコーチを務めた上野広治理事(47)の就任と常務理事への昇格を決めたとのこと。
1989年に競泳委員長になり日本を世界のトップクラスに引き上げた青木剛氏(60)は副会長に就く。
木原光知子理事(58)は水泳人口の拡大などを期待され、常務理事待遇に昇格した。