SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

日本水泳連盟:2012年度決算 1億5000万の赤字。W杯東京大会、来年度中止へ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

6/11:日本水泳連盟委員長会議で日本水泳連盟の2012年度決算案が約1億5000万円の赤字であることが報告されたとのこと。

泉正文専務理事は「大幅な赤字になってしまい、大変申し訳ない。見通しが甘かった」と陳謝。
水連は支出削減策の一環として、毎年秋に開催している競泳のワールドカップ(W杯)東京大会を来年度から中止することを発表した。

 水連の説明によると、12年度の収入は13億1500万円、支出は14億6600万円。

収入が▽寄付金減少(2770万円)▽代表選手海外派遣負担金廃止(3400万円)などで計7700万円減り、支出が▽国際水泳連盟セミナー開催(1300万円)▽専任コーチ問題での返金(1040万円)▽五輪祝賀会(1300万円)などで計3600万円増えたことが赤字の主因だとのこと。