1964年惨敗バネに 五輪競泳復活かけOBら民間教室

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

セントラルスポーツ会長、後藤忠治さんが語る、1964年東京五輪以後のスイミングスクールの歴史「1964年惨敗バネに 五輪競泳復活かけOBら民間教室」が掲載されています。

 多摩川、広島のフジタドルフィン、大阪の山田……。五輪翌年の65年、代々木以外にも日本各地でスイミングクラブが産声を上げた。「選手だった僕がやらなきゃ」と後藤さんは会社を退職。365日泳げる室内プールを造ってくれる人探しから始めた。屋外プールを持つ2つの学校が屋根を設置してくれ、70年にセントラルを開業した。