SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

新型コロナで実施できなくなった種目 1位「水泳」、2位「野球」、3位「テニス」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/6/17:笹川スポーツ財団は、全国の18歳から79歳の男女5000人を対象に行った「新型コロナウイルスによる運動・スポーツへの影響に関する全国調査」の結果を発表した。

  • 新型コロナウイルスの影響下において、国民の身体活動・運動の実施状況やスポーツ観戦等のニーズがどのように変化しているのかを調査。
  • 「新型コロナウイルス感染拡大により、2020年2月~5月の間に、実施できなくなった種目」の結果として、1位に水泳(77.8%)、2位に野球(71.9%)、3位にテニス(70.4%)がランクイン。以下、エアロビックダンス(69.7%)、ボウリング(67.9%)と続いた。
  • 「スポーツ観戦の再開に向けて、イベント主催者に期待する感染防止対策」の調査では、1位「アルコール消毒設備の設置やスタッフのマスク着用、室内の換気」31.8%、2位「人と人との間隔を確保するための入場者数の制限や誘導」24.6%、3位「来場者へマスク着用を呼び掛けるなど、感染拡大防止のための注意喚起」18.0%となっている。

・「新型コロナウイルスによる運動・スポーツへの影響に関する全国調査(速報)