SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

2007年を振り返る

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

さて、2007年も最終日。
競泳界の出来事をまとめた記事がinsweepに掲載されていましたので紹介します。(適当に端折っています。)

【1月】
・1/8:元女子200m自由形世界記録保持者ファンアルムジックさん(ドイツ)が第一子を出産。名前はヒューゴ君。
・1/10:カナダオリンピック委員会はJennifer Button氏がAthlete Relationsに任命されたと発表した。
・1/13:S.イレス(アルジェリア)選手がアルジェリアの最優秀選手賞に輝いく。イレス選手は2005年10月に行われたアフリカ選手権(ダカール)で50m自由形、50mバタフライ、400mリレーの3冠に輝いている。
・1/15:ピーター・ファンデンホーゲンバンド選手(オランダ)が少なくとも2009年ローマ世界選手権まで競技を続けると発言。
・1/18:Christin Petelski選手が(カナダ)2007年3月のカナダ春季選手権で現役を引退すると発表。Petelski選手はアトランタ五輪・シドニー五輪に出場している。
・1/22:女子50m平泳ぎ世界記録保持者J.エドミストン選手(豪州)がブリスベンでシュテファン・ウィトマーコーチの指導を受けることに。
・1/24:アテネ五輪女子100m平泳ぎ金メダリスト羅雪娟選手(中国・23才)が健康上の理由から引退すると発表。
・1/24:国際水泳連盟は2011年世界水泳選手権を上海で行うと発表。
【2月】
・2/12:3回のオリンピックの金メダリスト、ブルック・ベネット選手がSports Achievement Award女子部門を獲得。
・2/15:アマチュア水泳協会ははロンドンの地域ディレクターとしてのコリン・ブラウンを任命。
・2/18:M.フェルプス選手(米国)が2006年一つめの世界記録を樹立。男子200mバタフライ、1:53.71。
・2/18:G.ヒューギル選手(豪州・28)が引退。
【3月】
・3/25:メルボルン世界選手権:
男子400mリレーでイタリアチームが3:14.04のヨーロッパ新を樹立。メンバーはMassimiliano Rosolino選手、Alessandro Calvi選手、Christian Galenda選手、Filippo Magnini選手。
・3/27:メルボルン世界選手権:
男子200m自由形でM.フェリプス選手(米国)が1:43.86の世界新を樹立。女子100m背泳ぎでN.コグリン選手(フランス)が59.44の世界新を樹立。同じく女子100m背泳ぎでL.マナドゥ選手(フランス)が59.87のヨーロッパ新を樹立。女子1500m自由形でF.リガモンティ選手(スイス)が15:55.38のヨーロッパ新。男子100m背泳ぎでA.ピアソル選手(米国)が52.98の世界新を樹立。女子200m自由形でF.ペレグリニ選手(イタリア)が1:56.47の世界記録を樹立。女子100m平泳ぎでG.フリストゥノワ選手(ウクライナ)が1:07.27のヨーロッパタイ記録。
・3/28:メルボルン世界選手権:
女子50m背泳ぎ準決勝でL.ジバリ選手(米国)選手が28.16の世界記録。男子200mバタフライでM.フェルプス選手(米国)1:52.09の世界記録。女子200m自由形でL.マナドゥ選手が1:55.52の世界記録。
・3/29:メルボルン世界水泳選手権:
男子200m個人メドレーでM.フェルプス選手(米国)が1:54.98の世界記録。フェルプス選手による今大会での世界記録は3つめ。同男子200m個人メドレー3位のL.シェー選手(ハンガリー)が1:56.92のヨーロッパ記録。女子50m背泳ぎでL.ジバリ選手(米国)準決勝で自ら出した世界記録と同タイムの28.16。女子800mリレーで米国チーム(Natalie Coughlin、Dana Vollmer、Lacey Nymeyer、Katie Hoff)が7:50.09の世界記録。
・3/30:メルボルン世界選手権:
男子200m背泳ぎでR.ロクテ選手(米国)が1:54.32の世界記録。男子800mリレーで米国チーム(Michael Phelps、Ryan Lochte、 Klete Keller、Peter Vanderkay)が7:03.24の世界記録
・3/31:メルボルン世界選手権:
男子100mバタフライでA.サビラッツアルテス(ベネズエラ)選手が3位に入り、ベネズエラ初のメダルを獲得。女子800m自由形でL.マナドゥ選手(フランス)が8:18.80(優勝はジグラー選手=米国=8:18.52)。女子400mメドレーリレーで豪州( Emily Seebohm、Leisel Jones、Jessicah Schipper、Lisbeth Lenton )が3:55.74の世界記録。
【4月】
・4/1:メルボルン世界選手権:
男子400m個人メドレーでM.フェルプス選手が4:06.22の世界記録。男子1500m自由形でM.サウモビクス選手(ポーランド)が14:45.94のヨーロッパ記録。女子400m個人メドレーでK.ホフ選手(米国)が4:32.89の世界記録。
・4/3:Duel in the Pool:L.レントン選手(豪州)が52.99(世界記録)で泳ぐが、男性選手とのレースということで、公認されなかった。
・4/11:L.レントン選手(豪州)とLuke Trickett選手(豪州)が結婚。
・4/20:Maria Emma Hulda Lenkさん92才が死去。Maria Emma Hulda Lenkさんは南アメリカで始めて世界記録を樹立した。
・4/26:中村真衣選手が引退
【5月】
・5/9:L.マナドゥ選手(フランス)がトレーニング拠点をフランスからイタリアに変更。長年のコーチ、フィリップ・ルーカスコーチと別れボーイフレンド、ルカ・マリン選手(イタリア)とトレーニングするためトリノに拠点を移す。
・5/15:フランス水泳連盟のFrancis Luyce氏がマナドゥ選手選手のトリノ移籍の件でイタリア水泳連盟のPaolo Barelli氏と面会。
Barelli氏は、マナドゥ選手のトレーニングについて全力をあげて協力すると発言。
・5/19:The Queensland Academy of SportはTracy Caulkins Stockwell氏(米国)が代表者に就任したと発表。
・5/28: ライアン・ピーニ選手(パプアニューギニア)が2006年パプアニューギニア・アスリート・オブ・ジ・イヤーに選ばれたとのこと。ライアン・ピーニ選手はコモンウェルス選手権男子100mバタフライで金メダルを獲得している。
・5/30: ダニエル・コワルスキー氏(豪州・五輪メダル4つ)がウィスコンシン大学でアシスタントの水泳、飛込みコーチに任命された。
【6月】
・6/13:T.アルシャマー選手(スウェーデン)がヨーロッパグランプリ・バルセロナ大会女子50mバタフライで25.46の世界記録。
・6/18:B.ハンソン選手がトレーニング後のスパで感電。病院へ。K.ジグラー選手がミッションビエホ大会女子1500m自由形で15:42.54の世界記録。ヨーロッパグランプリでT.カーク選手が2959ポイントを獲得し賞金$7000を得る。
・6/19:L.タンコック選手(英国)が英国大学スポーツ連盟スポーツマン・オブ・ジ・イヤーに選ばれる。
・6/27:M.クリム選手(豪州)が引退を表明。

【7月】
・7/23:T.ペレイラ選手がパンアメリカ大会1試合での金メダル獲得数の新記録(6つ。これまでの記録は40年前スピッツ氏が樹立した5つ)を樹立。女子50mバタフライで加藤ゆか選手(山梨学院大)が26.72の日本記録を樹立。
【8月】
・8/5:米国選手権:D.トーレス選手(米国・40才)が復帰。女子50m自由形で24.53の好タイム。米国史上最高齢の代表入り。
・8/17:ドーピング疑惑が持ち上がったイアン・ソープ氏(豪州)が資料をAustralian Sports Anti-Doping Authority (ASADA)に提出。
・8/22:世界競泳:
男子100m背泳ぎでL.タンコック選手(英国)選手が53.46のヨーロッパタイ記録。
・8/29:L.マナドゥ選手選手が記者会見しトリノからフランスに戻ることを明らかにした。
・8/31:豪州短水路選手権:
男子800mリレーで豪州チーム(Grant Hackett、Kirk Palmer、Grant Brits and、Kenrick Monk)は6:52.66の世界記録。
【9月】
・9/2:豪州短水路選手権:女子400mリレーで豪州チーム(Libby Lenton、Melanie Schlanger、Shayne Reese、Alice Mills)が3:31.66の世界記録。
・9/3:B.スウィートナム氏(豪州)がイギリス水泳連盟のパフォーマンスディレクターを辞任。
・9/11:O.メロウリ選手(チュニジア)がドーピング違反のため18ヶ月の出場停止。メルボルン世界選手権で獲得した800m自由形金メダルと400m自由形の銀メダルが剥奪される。G.ハッケット選手はオーストラリアオリンピック委員会によって国際オリンピック委員会のアスリート委員会役員に推薦された。
・9/13:イギリス水泳連盟はマイケル・スコット氏(豪州)をハイ・パフォーマンス・コンサルタントとして雇用したとのこと。
・9/20:ギャヴィン・アーカート氏(豪州)がマレーシアのヘッドコーチを辞任。
・9/27:E.ブレンビラ選手(イタリア)とF.コルベルトタルド選手(イタリア)はアリーナと契約。
【10月】
・10/3:ブラジル初の金メダリスト岡本哲夫氏(ブラジル・75才)死去。
・10/7:M.ロゾリノ選手(イタリア)がトレーニング拠点をローマからナポリに移動する。
・10/12:K.ジグラー選手(米国)がエッセン国際大会女子1500m自由形で15:32.90の世界記録。途中計時の800mでも8:09.68の世界記録。
・10/14:K.ジグラー選手(米国)がエッセン国際大会女子800m自由形で8:08.00の世界記録。
・10/17:F.ペレグリニ選手(イタリア)が車会社のフィアットと契約。
・10/19:楊礼選手(中国)が世界軍人選手権女子50m背泳ぎで28.09の世界記録。
・10/28:W杯シンガポール大会:
女子100m背泳ぎでN.コグリン選手(米国)が56.51の短水路世界記録。
【11月】
・11/4:豪州スイマー・オブ・ジ・イヤーにL.レントン選手が選ばれる。
・11/11:J.ヘンリー選手がトレーニング拠点をAIS(キャンベラ)からブリスベンに移動。2014年コモンウェルス選手権、グラスゴー(スコットランド)開催が決定。
・11/13:W杯ストックホルム大会:
S.ニストランド選手(スウェーデン)が男子100m自由形で46.48のヨーロッパ短水路記録。
・11/17:W杯ベルリン大会:
男子100m自由形でS.ニストランド選手(スウェーデン)が45.83の世界短水路記録。女子50m自由形でM.フェルトハイス選手(オランダ)が23.58の世界短水路記録。L.マナドゥ選手選手が女子200m自由形で1:53.48のヨーロッパ短水路記録。これでマナドゥー選手は200?1500m自由形のヨーロッパ短水路記録を保持したことになる。A.ブッシュシュルテ選手(ドイツ)が女子50m背泳ぎで26.94のヨーロッパ短水路記録。T.ペレイラ選手(ブラジル)が男子400m個人メドレーで南アメリカ短水路記録4:00.63。朴泰桓選手(韓国)が男子400m自由形で3:36.83のアジア短水路記録。
・11/18:W杯ベルリン大会:
S.ニストランド選手(スウェーデン)が男子50m自由形で20.93の世界短水路記録。T.ペレイラ選手(ブラジル)が男子200m個人メドレーで1:53.31の世界短水路記録。米国水泳連盟が選ぶゴールデンゴーグル賞にM.フェルプス選手とK.ホフ選手が選ばれる。
・11/20:B.ハンソン選手(豪州)が引退。
・11/24:ドイツ選手権:
女子50m背泳ぎでJ.ピーチ選手(ドイツ)で26.92の世界短水路記録。 Mladost Meet でS.ヨハノビッチ選手(クロアチア)が女子50m背泳ぎで26.92の世界短水路記録。
・11/26:W杯2007、R.バル選手(米国)、T.アルシャマー選手(スウェーデン)がW杯を獲得
【12月】
・12/2:ヨーロッパ・スイミング・オブ・ジ・イヤーにF.フィリッポ選手、L.マナドゥー選手が選ばれる。
・12/9:オランダオープン:
女子400mリレーでオランダチーム(Hinkelien Schreuder、Femke Heemskerk、Ranomi Kromowidjojo、Marleen Veldhuis )が3:30.85。
・12/10:K.ケラー選手(米国)が引退。
・12/13:ヨーロッパ短水路選手権(デブレツェン・ハンガリー):M.ローガン(オーストリア)が男子200m背泳ぎで1:49.86の大会記録。女子200mバタフライでO.イエドルジェイチャック選手(ポーランド)が2:03.53 の世界短水路記録。L.シェー選手(ハンガリー)が男子200m個人メドレーで1:52.99の世界短水路記録。
・12/14:L.シェー選手(ハンガリー)が男子400m個人メドレーで3:59.33の世界短水路記録。Y.Efimova 選手(ロシア)が女子200m平泳ぎで2:19.08のヨーロッパ短水路記録。L.マナドゥー選手(フランス)が女子100m背泳ぎで57.34のヨーロッパ短水路記録。女子200mリレーでオランダチームが1:34.82の世界短水路記録。
・12/15:ヨーロッパ短水路選手権(デブレツェン・ハンガリー):S.ヨハノビッチ選手(クロアチア)が女子50m背泳ぎで26.50の世界短水路記録。女子200mメドレーリレーでドイツチームが1:46.67の世界短水路記録。
・12/16:ヨーロッパ短水路選手権(デブレツェン・ハンガリー):D.ギュルタ選手(ハンガリー)が男子200m平泳ぎで2:05.49のヨーロッパ短水路記録。Y.Efimova選手が女子100m平泳ぎで1:04.95のヨーロッパ短水路記録。男子200mリレーでスウェーデンチームが1:24.19のヨーロッパ短水路記録。
・12/19:R.グスマン選手(ブラジル)がドーピング違反でパンアメリカン大会で獲得したメダル剥奪。
・12/22:フランス短水路選手権:
男子400mリレーで3:08.29の世界短水路記録。
・12/23:オランダ短水路選手権:
M.フェルトハイス選手(オランダ)が女子100m自由形で52.08のヨーロッパ短水路記録。