SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

高地トレ用プール誘致 長野・湯の丸高原

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020年東京五輪を視野に、長野県東御市が行っている高地トレーニング用プールの誘致の紹介記事が掲載されています。

2020年東京五輪を視野に長野県東御市などが競泳の高地トレーニング用プールの建設を誘致している。日本水連とも連携し、競技力向上に活用するのはもちろん、将来的にはアジアの強化拠点にもする構想だ。
--中略--
基本計画などでは、東御市の湯の丸高原の標高1750メートルの場所に50メートルと25メートルプールや宿泊施設などを設け、国に設置を要望するとともに、運営は利用団体や地元自治体、企業などが協力して行う方針。近くにはスポーツ医学にも通じた総合病院など医療施設が複数あり、ドクターヘリを使えば15分ほどで搬送が可能という利点も生かしたい考えだ。建設費は概算で約40億円。同市では海外の選手にも門戸を開き、観光へのアピールも期待している。