SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

日本泳法「岩倉流」が300周年=初の解説本、出版へ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

・「スポーツナビ | その他 | ニュース |日本泳法「岩倉流」が300周年=初の解説本、出版へ―和歌山

和歌山県に江戸時代から伝わる日本泳法「岩倉流」が今年で創始から300周年を迎える。12代宗家の那須賢二さん(62)らは記念事業として、初めて同流について詳細に記した本を出版することになったとのこと。

 岩倉流は紀州徳川家の家臣、岩倉郷助が8代将軍吉宗の時代、1710年に水泳の指南役に任命されたことから始まる。徳川家は家康の時代から水泳と乗馬を重視し、藩主にも鍛錬することを奨励していたため、和歌山で水泳が盛んになったという。