SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

シンクロ:北京は「社会」をテーマ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

11/16:北京五輪を目指すシンクロ日本代表候補13人が都内で練習を公開。北京五輪用のチームとデュエットの曲と演技を国内で初披露したとのこと。
チームのフリールーティン(FR)では、自然災害から逃げまどう人間を救う「水の神」を表現する。細かく素早い足技や目まぐるしい隊形移動の連続。原田早穂選手(25)=ミキハウス=は、「今までで一番ハード」と体力と心肺機能の限界に挑んでいる。
テーマも日本シンクロ史上初の社会的なものだ。金子正子チームリーダー「世界中に共感してもらえると思う。サプライズを与えたい。『鋭く、高く、強く』が合言葉」と。