SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

中国人記者が語る井村ヘッドコーチと中国シンクロ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

シンクロナイズドスイミングの中国チームヘッドコーチ、井村雅代さんについて中国人記者が語る「中国人記者が語る井村ヘッドコーチと中国シンクロ」が掲載されています。

中国チームの強さの秘密、井村コーチの評価など、中国ポータルサイト「sina.com」の周超記者に話を聞いた。

――選手側から見た井村コーチとは?

 興味深い話があります。主将の劉鴎に「仮に世界一のロシアからコーチを呼ぶことになったらどう思うか」と聞いたことがあるんです。すると、劉鴎は「やはり井村コーチがいい」と答えました。「井村コーチはアジア人の考え方を理解している。また、アジア人の体格のことを良く知っていて、その上でどんな演技をしたらいいのか、すべて分かっている」と話すんですね。選手からは「偉大なコーチ」だとあがめられていますよ。

--中略--

――今大会の日本チームの印象はどうですか?

 緊張しているせいかミスが多いように見えます。脚の出方やジャンプなど細かなミスが多いですね。実力で言えば、日本は中国におよばない、というのが中国メディアの見方です。中国の選手は毎日8~10時間練習しています。ロシアもそうらしいです。比べて日本はどうでしょう。練習量の差に違いがあると思います。あとはシンクロ選手を育てる環境の違いもあるでしょうね。日本が強くなるためには、演技以外の部分で解決しなければいけない問題があると思います。