View point

   

[`evernote` not found]
LINEで送る


     

  •  「三上、女子板飛び込みで五輪代表へ 世界水泳 (写真=共同) :日本経済新聞
    • 光州世界水泳選手権2019(韓国・光州:公式チケットの購入|2019/7/12~28|競泳7/21~7/28)第7日目。
    • 女子3m板飛び込み準決勝で三上紗也可選手(米子DC・18歳)が307.95点の7位で決勝へ進み、東京五輪代表に事実上決まった。
    • アーティスティックスイミング(AS)のデュエット・フリールーティン(FR)決勝で乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組は93.0000点で4位だった。
    • フリーコンビネーション予選で日本(乾、吉田、福村、木島、熊谷、京極、丸茂、塚本、柳沢、安永)は93.0000点の4位で決勝へ進んだ。
    • 水球女子で日本はオーストラリアに7-9で敗れて1次リーグD組を3戦3敗で終え、13~16位決定予備戦へ。
    • オープンウオーターの混合5キロリレーで日本(貴田、豊田、新倉、野中)は14位。