オープンウォーター:ワールドシリーズで日本勢が初優勝

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/6/8:オープンウォーターワールドシリーズ(ポルトガル・セトゥバル)、男子10kmで宮本陽輔選手が1:34.44で優勝したとのこと。

前身のワールドカップ(W杯)も含め、男女を通じて日本勢初の頂点。
女子は、貴田裕美選手(コナミスポーツ)が8位に入った。

・「PR 49 - Miyamoto takes first gold in Setubal, Cunha strikes again | fina.org - Official FINA website

・「TOBIUO JAPAN Journal : 日本人初!宮本陽輔選手がワールドシリーズ優勝の快挙!