競泳「北島2世」佐藤翔馬 文武両道を支えた母の教え

2021/ 2/10:佐藤翔馬選手の紹介記事「競泳「北島2世」 文武両道を支えた母の教え」が掲載されています。

 慶大商学部2年になった現在も、水泳と勉強を両立する。競技に軸足を置かず、文武両道を貫く佐藤は異彩を放つ。思考の根幹に、純子さんの教えがある。

 幼児教育の講師経験がある純子さんが、大切にしてきたのは「自分で選ばせること」。そのために「(選択肢に)AとBがあって、親が選ばせたい方があるなら、選んでもらいたい方をより魅力的に映るようにもっていく」ことを心掛けた。

 純子さんは「自分で選んだ道だから頑張れているのだと思う。目標に向かって頑張っている。頑張っている限りは応援したい」。伸び盛りの息子を温かく見守る。

コメントを残す