世界短水路選手権、日本から個人参加で参加可能に

2021/11/4:日本水泳連盟はアブダビ世界短水路選手権2021(2021/12/16〜21|ドバイ・アブダビ|公式|予定・結果→第1日目・第2日目・第3日目・第4日目・第5日目・第6日目)の日本代表の派遣について新型コロナウイルスに伴う帰国後の隔離措置などを考慮して日本代表の派遣を見送ったが、希望する選手の自費参加を認める方針に転換したとのこと。

参加するのは、瀬戸大也選手(TEAM DAIYA)松元克央選手(セントラルスポーツ)松井浩亮選手(新潟医療福祉大職)、大本里佳選手(ANA)相馬あい選手。

コメントを残す