国際競泳リーグ(ISL)2021:レギュラーシーズン第2戦第1日目。大橋悠依選手が女子200m個人メドレーで3位。瀬戸大也選手が男子200m個人メドレーと男子200m平泳ぎで1位。

2021/8/29:2021国際競泳リーグ第1戦・08/26〜27|第2戦・08/28〜29|第3戦・09/02〜03|第4戦・09/04〜05|第5戦・09/09〜10|第6戦・09/11〜12|第7戦・09/16・17|第8戦・09/18〜19|第9戦・9/23〜24|第10戦・9/24〜26|公式|イタリア・ナポリ)レギュラーシーズン第2戦第1日目。東京五輪後初レースとなった大橋悠依選手は男子200m個人メドレーは2:07.32で3位。瀬戸大也選手は、男子200m平泳ぎで2:02.72、男子200m個人メドレーは1:52.98で1位だった。

  • 大橋選手は東京五輪後に1週間のオフを過ごして心身をリフレッシュ。出発前は「今月はしっかり練習できてないので、最初は良くないかも。刺激を入れて、体を作っていきたい」と話していた。

・「

コメントを残す